Home 村田製作所、MEMS生産能力拡大

村田製作所、フィンランドでのMEMSセンサ生産能力を拡大

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
村田製作所は2018年8月20日、フィンランドのMEMS開発・生産子会社であるMurata Electronics Oyが、MEMSセンサの生産能力を拡大するためにフィンランドのヴァンターに新工場を建設することを発表した。これにより、2018年から2019年にかけて、現地で新たに150人から200人程度の雇用創出を見込んでいる。同社がフィンランドで製造するMEMSセンサは、自動車の安全運転支援システムや心臓ペースメーカーなどの用途に用いられている。

・Murata Electronics Oyはこれまで駐車場として利用していた土地を活用し、総投資額50億円、約1万6000m2(延床面積)の新生産棟を建設し、2019年末の完成を目指す。
述べています。

・Murata Electronics Oyは旧VTI Technologiesを買収したもので、2012年にムラタグループの一員となっている。デバイスの小型化、高精度化、高機能化を実現する高信頼性MEMSセンサの商品ラインアップを拡充してきた。新生産棟の建設によりMEMSセンサの増産体制を整え、需要が高まっている安全運転支援や今後の成長が期待される自動運転をはじめとする車載分野、産業分野、ヘルスケア分野などでのジャイロセンサ、加速度センサ、コンボセンサの旺盛な需要に応えていく。
20180806_banner
20180914_seminer
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 8月 27日(月曜日) 10:23