Home JOLED、装置企業と提携へ

JOLED、装置企業と印刷方式大型有機OLED製造設備に関する業務提携契約を締結

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・ 有機ELディスプレイを開発・製造・販売するJOLEDは2018年8月23日、生産設備の開発設計を行うパナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社、ディスプレイ製造工程で使われる各種装置と関連サービスを提供する株式会社SCREENファインテックソリューションズの3社は、主にテレビ向けを想定した、印刷方式による大型有機ELディスプレイ(OLED)製造のための印刷設備の開発・製造・販売・サービスに関する、業務提携契約を締結した。

・JOLEDは、大型テレビ向け有機ELディスプレイ製造を目指すメーカー等に向けて、印刷方式の製造技術を提供する「技術ライセンス」を推進していく方針である。そのなかで、顧客向けの印刷設備の開発・製造・販売・サービスにおいて、3社は共同でビジネスを展開していく。3社は、効率的な生産を可能とする印刷方式を広く普及させるとともに、拡大を続ける有機ELテレビ市場の成長を取り込んで自社の成長と事業の拡大につなげるべく、早期事業化を目指して精力的に取り組んでいく。

・有機ELディスプレイの製造方法のひとつである「印刷方式」は、有機EL材料を印刷により塗布・形成する技術で、既存の「蒸着方式」に比べて生産工程がシンプルであることから、特に大型ディスプレイの製造において、材料利用効率や設備投資の面で大きなメリットがあると期待されている。

・2006年頃より、パナソニックの生産技術本部と有機ELディスプレイ開発部門が連携して「印刷方式」有機ELディスプレイの開発を進め、2015年のJOLED設立以降は、JOLEDとパナソニック プロダクションエンジニアリングが共同で印刷設備の開発を続けるとともに、JOLEDがプロセスなどを含めて量産技術を確立。現在、パイロットラインで製造する21.6型4K有機ELディスプレイを、医療用モニターやハイエンドモニタ向けに出荷している。

・「技術ライセンス」を展開するにあたり、JOLEDは印刷方式有機ELディスプレイ製造技術の提供や、技術導入のサポートなどを行う。パナソニック プロダクションエンジニアリングは、パナソニックグループのモノづくりを支えてきた生産設備の設計・開発や立上支援の経験と、JOLEDとの印刷設備の共同開発経験を生かし、顧客ニーズに合わせた印刷設備の設計・開発を担当する。SCREENファインテックソリューションズは、ディスプレイ製造工程で使われる各種装置及びそれらに対するサービスを国内外で提供している経験とネットワークを生かし、パナソニック プロダクションエンジニアリングからのライセンスのもと、印刷設備の製造を行うほか、販売・メンテナンスなどのサービスをJOLEDと共に展開していく。

・3社は、互いの技術や知見を持ち寄ることで、顧客への充実した技術導入支援体制を構築し、早期事業化を目指して精力的に取り組んでまいります。
20180806_banner
20180914_seminer
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 8月 27日(月曜日) 10:23