Home JOLED、資金調達を実施

JOLED、印刷方式有機ELディスプレイ量産に向け資金調達を実施

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・ JOLEDは2018年8月23日、印刷方式有機ELディスプレイ量産のため、株式会社デンソー、豊田通商株式会社、住友化学株式会社、株式会社SCREENファインテックソリューションズを引受先とする第三者割当増資により、総額470億円の資金調達を実施した。JOLEDは有機ELディスプレイを開発・製造・販売する。出資額はデンソーが300億円、豊田通商が100億円、住友化学は50億円、SCREENファインテックソリューションは20億円。

・JOLEDの有機ELディスプレイは、株式会社ジャパンディスプレイとの協力関係のもと、石川県能美市のJOLED能美事業所にて2020年より量産を行う計画。JOLEDは、今回調達した資金により、世界初の印刷方式有機ELディスプレイ量産ラインの構築を進める。

・JOLEDは、今回の第三者割当増資による新たな株主4社を加えた新ガバナンス体制のもと、共同開発や業務提携、販路開拓などにおいて株主との協業を一層強化し、印刷方式有機ELディスプレイの事業化を加速していく。具体的には、自動車関連機器の開発・生産を行うデンソーとは、車載向けディスプレイの開発や事業展開において協力していくほか、総合商社としてさまざまな産業分野に広がるグローバルネットワークを持つ豊田通商からは、幅広いディスプレイ製品の販売において強力なサポートを得ることにする。有機EL材料の開発・供給においてこれまでも協力関係にある総合化学メーカーの住友化学とは、今後協力体制を一層強化する。ディスプレイ製造装置と関連サービスを提供するSCREENファインテックソリューションズとは、印刷設備の開発・製造・販売・サービスの展開において協力していく。
20180806_banner
20180914_seminer
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 8月 27日(月曜日) 10:11