Home Micron Technology、18年3Q売上高

Micron Technology、18年度3Q売上高は前年度比40%増

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
米Micron Technoloryは2018年6月20日、2018年度第3四半期(2018年3月〜5月)業績を発表した。同期売上高は77億9700万米ドルで、前年度同期比40.1%増、前期比でも6.1%増と成長を続けている。SSDやモバイル機器向けNAND、クラウドや企業向けと連動した自動車分野、グラフィックDRAMなどが好調に推移し、過去最高の売上高につながった。営業利益は39億5300万米ドルで前年度同期からは倍増(101.4%増)、前期からでも二桁成長(10.8%増)を維持している。純利益は38億2300万米ドルで、前年度同期比2.3倍増(132.1%増)、前期比は15.5%増となった。

・同期までの3四半期累積設備投資額は前年度同期間比81.4%増の67億6800万米ドルに拡大した。2018年度通期の見通しは、80億米ドルとなっている。

事業分野別業績は、以下のようになった。
・Mobile Business部門(MBU)は売上高が17億5000万米ドルで、前年度同期比54.9%増、前期比は11.5%増となった。営業利益は8億6000万米ドルで、前年度同期比182.9%増、前期比24.8%増となった。NAND型フラッシュメモリ、低電力DRAMの需要が好調で売上高を押し上げている。

・Embedded Business部門(EBM)の売上高は8億9700万米ドルで、前年度同期比28.1%増、前期比8.2%増となっている。営業利益は3億8600万米ドルで、前年度同期比50.8%増、前期比6.3%増となった。コンシューマ、産業分野での需要が増加した。また、先端運転支援システム(ADAS)と車内アプリケーションも好調に推移した。

・Storage Business部門(SBM)の売上高は11億4000万米ドルで、前年度同期比13.6%減、前期比でも7.3%減となった。営業利益は1億5600万米ドルで、前年度同期比43.5%減、前期からも37.8%減となった。NAND型フラッシュメモリの供給が、モバイル向けにシフトしたことが影響している。しかし、SSD自体の売上高は好調で、SBUの売上高の50%を上回る規模となっている。また、64層3D NAND型フラッシュメモリを採用したSSDも立ち上がってきた。

・製品別では、DRAMが同期売上高の71%を占めている。前年度同期比では56%増、前期からも6%の増加となった。出荷量は前期から横ばいとなった。NAND型フラッシュメモリの売上高は全社の25%を占めている。前年度同期比14%増、前期比8%増となった。

・2018年度第4四半期に関しては、売上高80億〜84億米ドル、粗利益率56〜62%を予想している。

seminar_banner0709
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 6月 29日(金曜日) 09:59