Home ローム、GaN Systemsと協業開始

ローム、GaN SystemsとGaNパワーデバイスと協業を開始

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・ロームと米GaN Systems社は2018年6月5日、GaNパワーデバイス事業における協業を開始したことを発表した。

・今回の協業は、GaN SystemsのGaNパワートランジスタにおける業界トップクラスの性能と、ロームのGaNパワーデバイス技術および多様な電子部品の設計・製造における総合力を有効活用するものです。GaN SystemsのGaNPXパッケージング技術およびロームの伝統的なパワーデバイスパッケージング技術の両方を用いてGaNデバイスに最適な製品を共同開発する。これにより、GaNデバイスの可能性を最大限に引き出すことができるようにすることを目指す。

・また、両社が互換性のある製品を提供することによって、両社の顧客には安定してGaNデバイスが供給されるようになる。これによりGaN市場において、最も急速に成長している地域の一つであるアジアを中心に、世界中の両社の顧客はGaN製品とその技術サポートが利用できるようになる。さらに、両社はGaNパワーデバイスの研究開発活動も共同で進め、産業機器、自動車、および家電分野向けに画期的な製品を提案する。

・GaN Systemsは、GaNパワー半導体におけるグローバルリーダーであり、データセンターのサーバ、再生可能エネルギーシステム、自動車、工業用モーター、消費者用電子製品などの要求が厳しい業種のニーズに独特な方法で応えている。。
  
seminer_banner   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 6月 08日(金曜日) 16:00