Home 中Huali社、12㌅ファブ設備搬入

中Shanghai Huali社、12インチファブが設備搬入段階に入った

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・2018年5月21日、中国Huahong Group(上海華虹(集団)有限公司)の傘下企業である中Shanghai Huali社(上海華力集成電路制造有限公司)が建設を進めている最先端12インチウェーハ生産ライン(略称「HH FAB6」)向けに、最初の製造装置、ArF液浸スキャナが搬入され、同生産ラインが設備搬入(Move In)・セッティング段階に入った。

・当日搬入されたのは蘭ASML社製の「Twinscan NXT 1980Di」。
・「HH FAB6」は中Shanghai Huali社の2カ所目の12インチウェーハラインで、2016年12月30日上海浦東新区康橋工業園区にて着工した。総投資額が387億元が計画されている。計画生産能力は月産12インチウェーハ4万枚で、14nm-28nmプロセスを採用する。今後、5ヶ月の間に、設備の搬入、セッティング、テストを行い、2018年末までに生産ラインの立ち上げとパイロット生産の開始をを目指している。2020年末にフル稼働を予定している。
・中Huahong Groupはすでに上海に8インチウェーハ工場3拠点(HH FAB1、HH FAB2、HH FAB3)、12インチウェーハ製造工場(HH FAB5)を稼働している。このほかに、同社傘下の中HHGrace社(上海華虹宏力半導体制造有限公司)が8インチウェーハ工場を、中Shanghai Huali社(上海華力集成電路制造有限公司)が12インチウェーハ工場を運営している。
seminer_banner
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 5月 28日(月曜日) 14:52