Home ソニーの2020年の営業利益目標

ソニーの2020年の営業利益目標、2020年は1600億〜2000億円を計画

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・ソニーは2018年5月22日、2018〜2020年度を対象とする新しい中期経営計画を発表した。3年間の累計営業キャッシュフロー(金融分野を除く)で2兆円以上、連結株主資本利益率(ROE)で10%以上の継続をめざす。また、3年間で全社で約1兆円の設備投資を計画しているが、これはイメージセンサ向けが中心。

・半導体事業の中心となるCMOSイメージセンサは、IoT、AI、自動運転など、今後発展が期待される領域におけるキーデバイスとして事業を展開。イメージセンサでは、イメージングNo.1を堅持することに加え、将来はセンシングでもグローバルNo.1を目指す。スマートフォン向けのセンシングアプリケーションから事業を展開し、車載センシングなどの新しいアプリケーションを育てていく。
・これにより、2020年度の営業利益目標として、1600〜2000億円を計画している。
seminer_banner
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 5月 28日(月曜日) 11:08