Home 中Datang社、Qualcommと合資企業

中Datang社(大唐電信)と米QUALCOMM社の間で合資会社を設立

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
5月6日、中国商務部は米QUALCOMM社と中Datang Telecom Technology社(大唐電信)の間で合資会社の「瓴盛科技」を設立すること許可した。この合資会社はローエンドIC市場を狙うという。

・昨年半ば頃、中Datang Telecom Technology社の董事会(董事会は、中国における現地法人経営の要になる最も重要な会議です。日本の株式会社で言えば"取締役会と株主総会の機能と権限"を併せ持つ、会社の最高意思決定機関である)にて、完全子会社の聯芯科技有限公司が所有している完全子会社の全部の株式を出資金として出資し、合資会社の瓴盛科技(贵州)有限公司を設立することを許可された。

・米QUALCOMM社は中Datang Telecom Technology社との連携を通じて、関連技術を提供し、中低級品のプロセッサ市場におけるシェアを拡大し、台MediaTek 社や中Spreadtrum社(展訊)との競争力を上げることを目指す。

・中Datang Telecom Technology社の副社長が今回の連携を通じて、両社の技術を統合し、モバイル通信のアプリケーションに集中する。今後100ドル位の世界市場を目標にして中低級品分野に力を入れていくと語った。

  
 
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 5月 14日(月曜日) 11:14  

メール配信ニュース