Home 出光興産、四川に有機EL材料工場

出光興産、中国・四川省における有機EL材料事業に関する会社設立

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
   出光興産は12日、中国四川省成都高新技術産業開発区政府と基本合意に至り、2018年度第1四半期に中国四川省成都市に有機EL材料事業の現地法人を設立し、工場を建設すると発表した。中国における有機EL材料のさらなる需要拡大に備え、供給体制と技術支援を強化するためを目的として設立されたもの。
   
 現地法人の正式名称は「出光電子材料(中国)有限公司」で、登録資本金は8,000万元(約13億円)である。近年、多くの製品に有機ELディスプレイの採用が進んでおり、中国においては、政府が推進するディスプレイ産業の振興政策を背景として、大手ディスプレイメーカー各社を中心に有機ELディスプレイ製造設備への投資が加速している。

 出光興産は、2017年、上海市に出光電子材料(上海)有限公司を設立し、有機EL材料事業におけるカスタマーサポートやマーケティング活動を行ってきた。また、同社は静岡県御前崎市及び韓国京幾道パジュ市に有機EL材料製造工場を有しており、出光電子材料(中国)有限公司は同社第三の製造拠点になる。今後は、会社設立手続きを経て、2019年度中に有機EL材料製造工場を完工し、商業生産開始を目指すという。

  なお、出光興産は、同社グループの2018年度連結業績予想は5月15日に開示予定となっているが、今回の現地法人設立による当該業績予想への影響は無いと発表した。

  eq2018_banner
  
  
   
gncletter_banner
  
  
最終更新 2018年 4月 16日(月曜日) 10:39