Home 東芝、Mirco波遠隔給電技術を開発

東芝、産業IoT応用を目指したマイクロ波遠隔給電技術を開発

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
20180328_toshiba1
(上画像)試作した64素子フェーズドアレイ給電システムと本技術の効果
    
●東芝は3月28日、工場やプラント等の産業機器用無線IoTセンサ向けマイクロ波遠隔給電技術の開発成功を発表した。同技術により、空間に設置された複数のセンサと、給電装置の間のマイクロ波伝搬状態に基づき最適に給電ビームを制御することで、複数のセンサに同時・高効率に給電することに成功した。
  
●IoTの普及に伴い、センサへのワイヤレス給電技術が重要となってきている。中でもマイクロ波を用いた遠隔給電・充電に期待が高まっている。しかし従来のマイクロ波給電技術では、IoTセンサのように多数のセンサが空間に設置された場合、複数のセンサに対して同時に高効率な給電を行うことが困難という課題があった。
  
20180328_toshiba2
  
そこで同社は、給電ビームを最適に制御することで複数のセンサに同時に効率的に給電する技術を開発した。同技術は次の2つの特徴を有する。
  
(1)給電装置からセンサへの電波伝搬路状態の高精度な推定
伝搬路における電波の振幅や位相変化状態を推定し、電波の多重反射が発生する条件でも高効率に給電を行う。従来行われていた位相変化の推定に加えて、新たに振幅変化も推定することで、複数センサへの最適な給電が可能となった。
  
(2)アンテナからの電波放射を考慮した最適ビーム制御による同時給電
通信用途の電波ビーム制御においては、電波干渉の原因となっていた主方向以外への放射を、多方向への給電電波として扱うことで高効率な給電を実現した。同技術では、1つのセンサに給電するためのビームを生成する際、別のセンサ方向に放射される電波放射の大きさも考慮して制御する。これにより、給電装置の送電可能な電力や、受電するセンサが必要とする電力等の制約条件の下、複数のセンサへの給電効率が最大となるビーム制御が可能となる。
  
さらに、同技術を搭載した64素子のアンテナアレイからなる給電システムを試作した。同システムでは、給電装置がそれぞれ独立に放射電波の振幅と位相を調整可能なアンテナアレイを持つ。
 
●試作したシステムによる実証の結果、ロボットアームの異なる関節部に装着した2つのセンサへの給電に本技術を適用することで、従来のように1つのセンサのみへの放射を最適化していた場合に比べ、受電電力の弱いセンサへの給電量を7~12倍改善し、高効率に給電できることが確認された。
  
(画像は東芝 プレスリリースより)
  
  eq2018_banner
  
seminar_banner
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 3月 30日(金曜日) 13:11