Home Xilinx、7nmプロセス製品発表

Xilinx、7nmプロセス製品「ACAP」を発表

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
    
●米Xilinx社は3月19日、7nmプロセスを用いた次世代製品群「ACAP(adaptive compute acceleration platform:適応型演算アクセラレーション プラットフォーム)」を発表した。
  
●ACAPは分散メモリ、 FPGA 、マルチコア SoC、HW/SWプログラマブルエンジン等により構成され、これらがネットワーク オン チップ (NoC) で接続される。特にHW/SWプログラマブルエンジンが従来品には無い特徴となっているが、詳細は現時点で明らかにされていない。
  
●ACAPはビデオトランスコーディングやデータベース、AI等の用途が想定されている。Everestにディープニューラルネットワークを実装した場合、同社の16nm現行品と比べて 20 倍の性能向上が期待される。また Everestを用いた5Gリモートラジオヘッド (RRH) は、16nm品と比較して4倍の帯域幅を備えるという
 
●ACAPの開発期間は4年で、ハードウェア・ソフトウェア技術者1,500人以上が携わっており、累積研究開発費は10億USドルを超える。最初の ACAP 製品ファミリ (コードネーム「Everest」) は、台TSMC社の7nmプロセスを用いて開発が行われ、2018年中のテープアウト、2019年中の量産開始を目指す。
  
  
  eq2018_banner
  
seminar_banner
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 3月 26日(月曜日) 09:25