Loading…

【ご予約受付中!】「電子デバイス用基板とCMP関連市場分析レポート2020」

Eメール PDF

「電子デバイス用基板とCMP関連市場分析レポート2020」は、2020年2月上旬発刊予定です。

只今ご予約を受け付けております。詳細・ご予約はこちらから!


2020electricdevicecmp  

 

●CMP装置&ポリッシング・グラインディング装置、CMPスラリー&ポリッシング材、ポリッシングパッド&パッドコンディショナの市場と動向をプロセス別、基板別、メーカー別に詳細に分析している。さらに、Si・SiC・GaN・サファイア・LT/LN基板の市場動向も分析、基板と対応CMPプロセス装置、材料をこの1冊で把握できる!

●書籍版:A4版/260ページ(予定)

 

最終更新 2019年 11月 19日(火曜日) 14:57
 

【2020年1月28日開催】「最新メモリの動向とCMP技術最前線」

  次回セミナーのご案内

「最新メモリの動向とCMP技術最前線

【開催日時】 2020年1月28日(火)13:00〜17:00

【会  場】      「連合会館(旧名称:総評会館)」 201会議室

【受  講  料】  38,000円 (税別)※テキスト、コーヒー代含む

 (学割は10,000円。応募フォームの御社名に学校名+学割とご記入下さい。当日は学生証を必ずお持ち下さい。)

【講師】

第一部:株式会社日立ハイテクノロジーズ

ナノテクノロジーソリューション事業統括本部 プロセス研究開発部

松崎 望 氏


第二部:株式会社ISTL 代表取締役

礒部 晶 氏

 

 

詳細はこちらへ!

  

最終更新 2019年 11月 19日(火曜日) 12:18
 

【2019年11月19日開催】「5Gインフラと半導体業界のビジネス拡大の可能性」

「5Gインフラと半導体業界のビジネス拡大可能性」

~ついにやってきた5Gモバイル時代、半導体業界は本当に成長するのか? 

 業界リーダー企業の講師が徹底解説+パネル討論~


【開催日時】 2019年11月19日(火)10:30〜17:00

【会  場】      「連合会館(旧名称:総評会館)」 201会議室

【受  講  料】  48,000円 (税別)※テキスト、昼食、コーヒー代含む

 (学割は10,000円。応募フォームの御社名に学校名+学割とご記入下さい。当日は学生証を必ずお持ち下さい。)

【講師】

         
株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 課長

永田 聡 氏

 

エリクソン・ジャパン株式会社  ネットワークエボリューション部長

鹿島 毅 氏


クァルコム・ジャパン合同会社 標準化部長

城田 雅一 氏

 

セミコンサルト

上田 弘孝 氏

 

(パネルモデレータ)

株式会社SBRテクノロジー 代表取締役 西尾 俊彦 氏

詳細はこちらへ!

  

最終更新 2019年 10月 29日(火曜日) 13:42
   

【2019/8/23発刊予定!】世界有機ELパネル製造装置・材料企業年鑑2019

Eメール PDF

 

2019年8月23日に「世界有機ELパネル製造装置・材料企業年鑑2019」を発刊いたします。

書籍概要、詳細はこちらから!


2019_OLEDindustry

・調査報告書概要

材料については、インクジェット向け材料、TADF、量子ドットなど今後期待される発光材料への取り組み状況について詳しく取り上げています。さらにポリイミド樹脂をはじめとする共通材料の企業動向もまとめています。製造装置では、露光措置、蒸着装置、インクジェット装置、LLO装置から検査装置まで主要装置メーカの動向を集約しています。

またパネルメーカの工場・投資やフォーダブルパネルなどの最新技術動向、市場を含む産業全体の動向もまとめており、有機EL産業界全体も把握できる内容となっております。

・調査報告書の特長

大好評の「世界有機ELディスプレイ産業年鑑2017」に引き続き、今度は製造装置・材料業界を中心とした本書を発刊!
書籍版(モノクロ)に加えて、PDF版(カラー)とのセット版もご提供。
液晶からの移行で投資が本格化する有機ELディスプレイ市場の動向を追跡!
好評を頂きました「世界有機ELディスプレイ製造装置・材料年鑑」の2019年版を発刊致します。
書籍版(モノクロ)に加えて、PDF版(カラー)とのセット版もご提供。
本書では有機ELディスプレイの材料・製造装置の主要メーカの動向に主眼を置いてまとめております。

 

 

最終更新 2019年 8月 07日(水曜日) 11:12
 
  gncletter_banner

メール配信ニュース

  bunsekikobo